読書面書評欄(朝日新聞2019年2月16日朝刊)

写真》そこには著者と評者がいる(朝日新聞2019年2月16日朝刊)

 新聞記者をしていて結構大変だったのが、新聞を読むという日課だ。自社、他社を問わず、その日に出たものは読まなければならない。社内の会議で「えっ、そんな記事出ていましたっけ?」は禁句。もし口にすれば、同席者から一斉に軽蔑の眼差しを浴びたことだろう。

 

 だから退職後にもっとも解放感を覚えたのは、新聞を読まなくてもよいということだった。数カ月間は意識して紙面を遠ざけたものだ。しばらくすると1日に1、2本、これはと思う記事だけを熟読するようになった。そうこうするうちに、文章を義務感からではなく味読することの愉悦を取り戻すことができた。で、いまもっとも楽しみなのは週末の読書面。新刊近刊の書評を中心に本の話題を満載したページである。

 

 ということで今週は、朝日新聞2019年2月16日朝刊読書面の書評を書評する。その舞台裏については、僕も現役時代に社内書評委員を務めたことがあるので多少は知っている。書評委員は定期的に集まり、とりあげたい本を選ぶ。1冊に対して複数の委員が執筆を希望することもある。最後は話しあいで決着するのだが、この綱引きが見ものだった。園児がおもちゃを取りあうような光景を見て、一同、本好きの連帯感を再確認したものだ。

 

 この日の読書面では、見開き2ページで委員8人が8冊の本を書評している。このラインナップも、きっと委員諸氏の熱い思いを反映しているのだろう。今回は、三つの評に絞ってとりあげる。いずれも、当方の最近の心模様に響いてきたものだ。

 

 まずは、哲学者野矢茂樹さん執筆の『その部屋のなかで最も賢い人――洞察力を鍛えるための社会心理学』(トーマス・ギロビッチ、リー・ロス著、小野木明恵訳、青土社)評。著者は、二人とも米国の心理学者。評者は冒頭、「社会心理学の知見が満載」で「実用書として読むこともできる」と書くが、これはあくまで「こともできる」だ。最後まで読み進むと、哲学者はやはり哲学っぽい知見をくみとっていることがわかる。

 

 「『賢い人』とはどういう人のことか」。最終段落ではそう問いかけて、この本から得られる答えをまとめる。「われわれ人間が、そして自分自身がいかにポンコツであるかを自覚し、そのことを熟知した上で行動できる人、それが最も賢い人なのだ」。これは、僕のような準高齢者の心に共振する。老いてから身につける知とは、自らのポンコツぶりを認識することを前提とする。それを出発点として賢明な生き方を探ろうと僕は思うのだ。

 

 さて、この野矢書評で、読ませどころは結論に至るまでのリズミカルな筆致にある。評者はまず、この本に「満載」の知見から「ピーク・エンド法則」を引っぱりだす。「過去の体験」の記憶は「その体験の最高の瞬間と最後のあり方に支配される」というものだ。

 

 この本が例に挙げているらしいのは、麻酔なしの結腸内視鏡検査。内視鏡を最後に引き抜くときの痛みが強烈で再検査の受診率が低いという。社会心理学者がかかわった研究では、内視鏡をとりだすタイミングをずらして、抜く直前はさほど痛くないように工夫すると、再検査率が高まったという。「エンド」の激痛がなければ痛みの記憶は薄れるということか。体がえぐられるような話をこまごまと書いて、評者は読み手の知的好奇心を刺激する。

 

 評者の巧みさは、ここから先にある。「でも、ピーク・エンド法則でしょう?」「ピークの方はどうなの?」「ピークの痛みはそう簡単には消えないんじゃないの?」「ピークよりエンドの方が記憶に残りやすいってこと?」とたたみかけるのだ。ここに、野矢流書評術の妙がある。本をただもちあげるのではなく、ほどよいツッコミを入れる。そのことで、本の核心部分に対する敬意――この書評では最終段落の記述――の信憑性がいやますのだ。

 

 次は、音楽家・エッセイスト寺尾紗穂さんの『在宅無限大――訪問看護師がみた生と死』(村上靖彦著、医学書院)評。著者は基礎精神病理学者。評者は、人が死に際に言うという「愛してる」のひとことを病院の医師は「実際はありえない」と考えるが、「在宅」では「普通にありえる」という話から説きおこす。なにかの記事に出ていたらしい。在宅で母を看取った僕は、この導入部に引き込まれる。末期には、たしかに内輪の会話があった。

 

 著者は、訪問看護師たちの話を聞いて「医療者も含めて、私たち全員がかつての死の姿を忘れた」との思いを強くしたらしい。これを受けて評者は「死に行く人が、日常の風景の中にいること」の意義をこう綴る。「病院の規則や慣例に縛られることなく、家族が自然体でいてやれることで、死に行く人の願いは叶(かな)えやすくなる」。学校で校則に縛られ、勤め先で従業員規則に束縛されたのだ。最期くらい規則から解放されたいではないか。

 

 評者は、入院患者の匿名性にも着目する。この本には「患者も看護師も医療措置に関わる匿名の『誰か』になってしまう」という傾向を指摘したくだりもあるようだ。なるほど。今の世の中、健康でいても入院患者として扱われているのではないか、と僕は思う。

 

 三つめの書評は、朝日新聞大阪科学医療部長黒沢大陸さんの『アナログの逆襲――「ポストデジタル経済」へ、ビジネスや発想はこう変わる』(デイビッド・サックス著、加藤万里子訳、インターシフト)評。著者は、英米紙で活躍するジャーナリスト。評者も、すでにベテランの域にある科学記者。僕にとっては、古巣の後輩にあたる。いわば身内が書いた記事ということになるが、今回の評は身びいき分を差し引いても秀逸だったと思う。

 

 どこがよかったのか。それは、本との距離の置き方だ。書評の手法には二通りある。一つは、本の中身に分け入って、その要点を拾いあげる方式。もう一つは、本のことなど知らぬ気にいろいろと書き連ね、そのことで本の核心を浮かびあがらせる方式。ジャーナリストは本読みを「取材」ととらえがちなので、生真面目に前者をとることが多いように思う。だが、ときに後者もあってよい。この黒沢書評はその典型。肩の力がすっかり抜けている。

 

 冒頭、「コンビニに足を踏み入れずに、まもなく2年」と書いて、自身のコンビニ断ちを報告する。「いつもの街角に、おにぎり屋、安い自家製サンドイッチをおく店を見つけ、小さな書店や文具店も目に入るようになった」「何か足りなくなっても、あるもので工夫するのが楽しい」。ここまでで、すでに全文の3分の1。で、この本はいったいどうなんだ? そんな読み手の不満を喫水線まで高めておいてから、「さて、本書である」と切りだす。

 

 著者は「レコード」「フィルム」「印刷物」などにかかわる人々を取材して「見逃していたアナログの隠れた力を明らかにしていく」。その論調は過去の賛美ではなく、デジタルの否定でもない。この本が描きだすのは「デジタルを経験したからこそ見える『その先』のアナログ」という。いつでもなんでものコンビニをいざというときのために担保しつつ、ふだんはあえて避ける。それと同様の贅沢が、デジタル後のアナログにはあるのだろう。

 

 書評の醍醐味は、そこに著者、評者、読者の三角関係が生まれることだ。ときに、著者の「これが言いたい」という思いが評者の個性によって読者の目から逸らされることがあるだろう。だがときに、著者の本意が評者の卓見によって肉づけされ、読者に対する説得力を増すこともある。読者は、そのどちらかを見極めなくてはならない。これは難題だが、知的ゲームでもある。二人の声を左右のスピーカーから聴くような体験ができるのだ。

 

 このゲームの最終必勝法は、本を自分自身で読むことだ。だから僕も、いつかは読もうと心に決めることが多い。だが読者は、なんの義務も負わないのでいつのまにか忘れていく。まあ、いいではないか。読みたい本が記憶の地層に潜んでいること。それが大事なのだ。

(執筆撮影・尾関章、通算460回、2019年2月22日公開、同月26日更新)

 

■引用箇所はとくにことわりがない限り、冒頭に掲げた本からのものです。

■各編は原則として毎週金曜日に公開します。

■公開後の更新は最小限にとどめ、時制や人物の年齢、肩書などは公開時のものとします。

■通算回数は前身のブック・アサヒ・コム「文理悠々」の本数を含みます。

■「文理悠々」のバックナンバー検索はこちらから

『三一新書の時代――出版人に聞く16』(井家上隆幸著、論創社)

写真》左は三一新書、これも風俗左翼路線?

 世の中、どうしてこんなにも一色に染まってしまったのだろう。たとえば、2年後の東京五輪パラリンピック。この開催に異論を唱える人はきわめて少数派だ。では、僕が若かった1970年前後はどうだったか。大阪万博がお祭り騒ぎになっても、若者の間には相反感情があった。高度成長の恩恵に浴しながら、産業経済優先の既存体制に反感を募らせていたのだ。バンパクなんて知らないよ。僕は、そう思って見物に行かなかった。

 

 半世紀後の現在から眺めれば、若者たちは左翼にかぶれていた、というひとことで片づけられてしまうかもしれない。だが、それはちょっと違う。僕のように学生運動とは無縁で、革命の必要を感じず、自分はまぎれなく中産階級の子であると開き直っていた者であっても、体制に反発していたのだ。反体制の心情は文化の隅々にまで浸透していた。映画しかり、音楽しかり、文学しかり。それは、政治とは別次元にあったと言ってよい。

 

 反体制の中心には、たしかに左翼の集団があった。だが、それは既成のマルキシズム政党でも、社会民主主義政党でもない。新左翼と呼ばれる一群の党派とそれに属さないノンセクト・ラジカルの若者たちだった。新左翼の特徴をひとくくりにはできないが、一つ言えるのは、そこでは党派的な統制を求めるベクトルと、反体制ゆえに管理を嫌うベクトルが交ざりあっていたことだ。後者が、当時の若者に共感を呼び起こしたのである。

 

 たとえば、本屋に入ったときのことを思い起こしてみよう。若者は豊かではないから、文庫・新書のコーナーに群がったものだ。あのころ、文庫銘柄の老舗格は岩波、新潮、角川の御三家。新書では岩波、中公、現代がまず目についたが、それに挑むように異彩を放つ銘柄もあった。その筆頭が三一新書か。たいていの大手書店では書棚の一角を占めていたように思う。背表紙の書名に過激な言葉が並び、反体制シンパの若者には輝いて見えた。

 

 で、今週は『三一新書の時代――出版人に聞く16』(井家上隆幸著、論創社)。著者は1934年に岡山県で生まれ、今年1月に死去した。略歴欄には、三一書房に58年に入社、73年に退社したとある。三一新書は同社が55年に創刊したので、その草創期から隆盛期までつくり手の側にいたことになる。退社後は日刊ゲンダイの創刊にもかかわったようだが、その後、フリーライターとして活躍し、書評本などを出してきた。

 

 この本を選んだのは、著者の訃報に接したからだ。井家上さんは、僕にとってまったく縁なき人ではない。地元のジャズバーで、ときどき見かける常連客の一人だった。店主から高名な書評家と聞いた。ただ酒場の空気を壊したくなかったので、敬して近づかなかった。その後、店主が逝き、店は閉じられて、お目にかかる機会はなくなった。薫陶を受けておけばよかったなあと今にして思う。その悔いがあって通販で本を取り寄せたのだ。

 

 この本は、全編にわたってインタビューの形式をとっている。聞き手を務め、文章を構成したのは、評論家の小田光雄という人だ。小田さんは、ネットで調べると僕と同年の1951年生まれ。井家上さんを先達として敬いながら、その個人史や出版人としての秘話を引きだしていく。世代の距離感が同じせいか、自分がインタビューしているような錯覚に陥ることもある。ところどころに適切な補足説明を織り込んでくれているのがありがたい。

 

 著者――井家上さん――が三一書房に入ったいきさつは時代を感じさせる。大学時代、左翼運動に没頭していて就職の道が狭められた。浪人後、「新聞社に引っ掛かったと思ったら、健康診断で結核が見つかり、療養所に入るはめになった」。それで、三一に応募。試験は「一番だった」が、新卒でないことを理由に減点される。幸い上位合格者が別の出版社を選んだため、「繰り上げ採用」になったという。左翼が強く、肺病は脅威だった。

 

 さらなる幸運は、その就職先が上昇気流に乗っていたことだ。五味川純平の小説『人間の條件』が三一新書から出され、1956〜58年に全6冊が完結。これが100万部の大台に乗った。著者の入社前のことらしいが「ボーナスが十カ月出たようです」。新人時代の60年代初めには東京・お茶の水に新社屋が建って「『五味川ビル』といわれた」。京都の本社と「飯田橋駅のそばの木造二階家」にある東京出張所が、ここに集まったのである。

 

 ちなみに著者は社員になる前から三一新書に親しんでいたらしい。新書創刊第1号は『経済学教科書の学び方』(宮川実、岡本博之、井上清著、関西勤労者教育協会編)。これは当時、既成左翼の学習運動で用いられていた『経済学教科書』(ソヴィエット同盟科学アカデミー経済研究所著、マルクス・レーニン主義普及協会訳、合同出版)の解説本の役目を果たした。著者も、学習運動で開かれる読書会の「チューター」(講師)に就いていた、という。

 

 1950年代半ば、日本の出版界には左翼運動が深く食い込んでいた。しかも、そのころは既成左翼が若者たちの闘争を引っ張る牽引車だったので、三一新書もそれに応える刊行物から出発したのである。それが、どのようにして軌道を変えていったのか。

 

 ここで出てくるのが「風俗左翼路線」という言葉だ。著者とは同窓の先輩編集者がめざしていたもので、著者自身もそれに同調した。三一新書が創刊後しばらく定番としてきた「ソ連や中国物、あるいは共産党系の左翼出版」とは一線を画して「反アカデミズム、反啓蒙主義をコアとする思想とカウンターカルチャーの回路」を探し求めるものだったという。これこそが社会主義に囚われない反体制の文化であり、「三一」の輝きだったと言えよう。

 

 この新路線は当時、久保書店から出ていたハードボイルド専門誌「マンハント」に強く影響を受けたという。米国小説の翻訳を載せる雑誌で、田中小実昌、都筑道夫、荻昌弘ら多彩な翻訳陣を擁していた。この人脈の一部は、三一新書の執筆陣に加わっていく。たとえば、田中の本は『かぶりつき人生』。書名はストリップに由来する。上司の編集長は「左翼だけれど、風俗はきらいではなかったし、そういうことには鷹揚だった」と著者は振り返る。

 

 著者が「愛着のある一冊」と懐かしむ新書は、1964年に出した『ゴシップ10年史』(内外タイムス文化部編)。今は懐かしい大衆娯楽紙の記者たちが筆を振るったようだ。

 

 『ゴシップ…』のカバー袖には、編集者自身――井家上さん――の手になる一文が刷られた。ゴシップは、書く側も書かれる側も読む側も「おたがいに他を卑しめあうばかりか、自分も卑しめる」が、「そこには、量的にはすさまじく厖大なエネルギーがついやされている」。だから、その一つひとつが「それぞれの時代の様相を反映している」というのである。昨今の醜聞報道とは違って、木だけでなく森も眺めようとする余裕が感じられる。

 

 へえーっと驚いたのは、当欄に幾度も登場してきた作家片岡義男が三一新書の書き手だったということだ。「テディ片岡」の筆名で、『C調英語教室』『味のある英会話』という英語本を出したという。僕は当欄の前身で『日本語と英語 その違いを楽しむ』(片岡義男著、NHK出版新書)をとりあげたことがあるが(文理悠々2012年11月19日付「片岡義男に教わる英語っぽい英語」)、その源流も「三一」にあったらしい。

 

 これを見てもわかるように、三一新書は新分野に乗りだすことをためらわなかった。消費者問題の本がある。映画書もある。小説も『人間の條件』にとどまらず、次々に出していく。著者は、この貪欲さを当時の新書編集者の心理によって説明づける。そこには「岩波新書に対抗し、どのように自社のオリジナリティを確立するか」という一念があったという。こうして旧来の左翼出版の硬さを脱ぎ捨てたことが、時代の空気に適合したのである。

 

 そして三一新書が1960年代末に行き着いたのが、学生運動をとりあげた新左翼本の相次ぐ刊行。新旧が代っただけの左翼回帰とも言える。「その時は売れたけれど、結局は三一新書の読者層を細らせ、限定的にした」と著者は顧みる。きわめて冷静な自己分析だ。

 

 あのころの反体制は左翼の枠に収まらなかった。だから、管理に抗する反骨心こそ持続させるべきではなかったか。井家上さんが遺した言葉からそんなことを思う。

(執筆撮影・尾関章、通算408回)

 

■引用箇所はとくにことわりがない限り、冒頭に掲げた本からのものです。

■原則として毎週金曜日に更新、通算回数は前身のブログ/コラムを含みます。

■ブック・アサヒ・コム「文理悠々」のバックナンバー検索はこちらから

『華氏451度』(レイ・ブラッドベリ著、伊藤典夫訳、ハヤカワ文庫[新訳版]

 こういうニュースのこういうところに反応する自分は心配性の極みなのか。米マイクロソフト社が先月発表した次世代の基本ソフト「ウィンドウズ10」の話だ。音声による操作機能をちりばめると知って思わず警戒感を抱いてしまった。
 
 朝日新聞デジタルが日本時間1月22日深夜にアップしたサンフランシスコ発特派員電には、こうある。「話しかけると端末が自動的に動く音声認識もあり、ネット検索をしたり、天気を聞いたりと、話しかけるだけで答えを表示してくれる。連絡先を呼び出し、メールを書いて送信するのも、声だけでできる」。いいことではないか。視力が弱い人には朗報だ。僕自身も老いとともに目が衰えてくるだろうから恩恵を受ける身である。
 
 では、なぜ警戒感なのか。その背景には、パソコンであれ、タブレットであれ、スマホであれ、ITが果たしてきた役割の一つに文字文化の再興があるのではないか、と考える僕なりの時代認識がある。
 
 僕たちの世代は少年期から青年期にかけて、テレビが文字媒体を追いかけ、追いつき、追い抜く様子を目の当たりにしてきた。気がつくと、音と映像は紙面を這うような文字の羅列をしのぐ存在となっていた。僕が新聞社に入った1977年は、ちょうどその絶頂期にあたる。あえて言えば、斜陽のメディア業態に職を選んだことになる。ところが十数年で事態は変わる。IT文化による文字の復権である。
 
 そのことは、自分が日々体験しているコミュニケーションを思い起こせばすぐわかる。仕事向きの用件で知人とメッセージをやりとりするにも、私的な思いを友人と伝え合うにも、電話を使うことはほとんどない。取って代わったのはメールの送受信だ。先輩世代にとって手紙をしたためることがさほど苦痛でなかったように、僕たちにとっては画面に向かって文章を綴る行為が日常ルーチンの動作になった。
 
 ところが、新しい基本ソフトを使えば「メールを書いて送信するのも、声だけでできる」という。メールを書く作業のかなりの部分が音で代行されるわけだ。これは、口述筆記のようなものだから、作文の本質は変わらないという理屈は成り立つ。ただ、声で文をつくっているうちに、できあがったものが話し言葉の色合いを強めるということはあるだろう。世に出回る文章の多くが究極の口語体となるように思えてならない。
 
 その兆しは、すでに短文のソーシャルメディアに見てとれる。頭に思い浮かぶ言葉が、そのまま反射的に文字に転写されたものが目立つ。こうして文字は生き残っても、思考しながら言葉を紡ぎ、文章を組み立てるという文字文化は衰退していく。

 そんな危機感を抱きながら、今週選んだのは『華氏451度』(レイ・ブラッドベリ著、伊藤典夫訳、ハヤカワ文庫[新訳版])。著者は、数々のSF名作を世に出した米国の作家。2012年に91年の生涯を閉じた。この長編小説は、焚書が治安業務の一つとなった未来世界を舞台としている。1953年の刊行。扉には「華氏四五一度――この温度で書物の紙は引火し、そして燃える」とある。華氏451度は、摂氏233度である。

 すごいと感じるのは、主人公ガイ・モンターグの職業を「昇火士」としたことだ。「ファイアマン」とルビがふってある。著者は、英語では消防士を「火(fire)」の「男(man)」と呼ぶ不合理を逆手にとって、焚書の火付け人に同じ言葉をあてがった。「いい仕事さ。月曜にはミレーを焼き、水曜はホイットマン、金曜はフォークナー。灰になるまで焼け、そのまた灰を焼け。ぼくらの公式スローガンさ」(引用では詩人に対する注を省いた)
 
 消防署ならぬ昇火署が置かれた世の中は、僕たちが経験しているIT社会と酷似している。たとえば「テレビ壁」。部屋の壁がそっくり画面になった受像機だ。これなどは脱ブラウン管の薄型テレビを予見していたと言えるだろう。
 
 その番組内容には苦笑する。「ひとつの壁で、女がオレンジジュースをのむのと笑うのとを同時にやってみせている」「別の壁にはその女のエックス線映像が出ていて、清涼飲料水が伸び縮みしながら歓喜にふるえる胃袋にたどりつくようすがまる見えになっている!」。これは、昨今のバラエティーとダブる。今はさすがにX線をおもちゃ代わりにしないだろうが、おふざけぶりは同じだ。著者は、テレビの前途をその草創期に見通していたのである。
 
 テレビ壁は、主人公の妻を女優気分にさせてもくれる。相手役は画面の向こう側にいる。「抜けたセリフのところへくると、三つの壁からみんながこちらを見て、わたしがセリフをいうわけ」。妻の願いは、テレビ壁をもう1面ふやすことだ。「四つめの壁があったら、ここだってまるでわたしたちの部屋じゃなくなって、風変わりな人たちがいろいろ住む部屋になるわ」。双方向性もどきと仮想現実感。ここにはIT時代を先取りする発想がある。
 
 この小説の筋は、ある住宅の屋根裏があやしい、との通報を受けて主人公らが書物隠匿疑惑の現場に出動するところから展開する。住んでいる高齢女性の抵抗に遭いながら本をかき集め、燃料のケロシンをまき散らす。この途中、主人公は職務を忘れて、思わず本に手を出してしまう。「片手がひとりでに動いた。あたかも脳がそこに宿り、ふるえる指の一本一本に良心と好奇心がひそんでいるかのように、その手は盗賊と化していた」
 
 高齢女性は結局、自らマッチに火をつけて本とともに命を絶った。主人公は翌日、仕事をさぼろうとする。このとき、妻に「どうだろう、つまりさ、ここでしばらく仕事を休むというのは?」ともちかける。「あなた、なにもかも投げだしたいの?」とたしなめられて「女は燃える家に残ったんだぜ。あれだけのことをするからには、本にはなにかがある、ぼくらが想像もつかないようなものがあるにちがいないんだ」。前夜の本は、枕の下にあった。
 
 この小説の一つのヤマ場は、この日、昇火署の上司ベイティー隊長が主人公宅を訪ねてくるところだ。「昇火士はみんな遅かれ早かれこの壁にぶちあたる」「われわれの職業の歴史は知ったほうがいい」と言って、焚書正当化のために薀蓄を傾ける。
 
 隊長によれば、20世紀には映画やラジオ、テレビなど「いろんな媒体が大衆の心をつかんだ」「そして大衆の心をつかめばつかむほど、中身は単純化され」「映画や、ラジオ、雑誌、本は、練り粉で作ったプディングみたいな大味(おおあじ)なレベルにまで落ちた」というのである。「本は短くなる。圧縮される。ダイジェスト、タブロイド。いっさいがっさいがギャグやあっというオチに縮められてしまう」。たしかに今も、その流れにある。
 
 隊長の講釈は、時代の病巣をえぐり出していく。「ジッパーがボタンに代わり、おかげで人間は夜が明けて服を着るあいだ、ものを考えるたったそれだけの時間もなくしてしまった」「学校がスポーツ選手、資本家、農家、製造業、販売業、サービス業、修理屋を世に送りだすことに熱心で、審査する人間や、批評する人間、発想豊かな創作者、賢者の育成をおこたるうち、“知識人(インテリ)”ということばは当然のようにののしり語となった」
 
 おもしろいのは、だから本が必要だではなく、だから本が邪魔になったという論理だ。学校時代、放課後にいじめたくなる相手は「俊才君じゃなかったか?」と妬みの感情をくすぐり、「みんな似たもの同士でなきゃいけない」と強調して、昇火士こそが「われわれの劣等意識が凝集するその核心部を守る人間」「心の平安の保証人」という。ここにあるのは、大衆社会が思考や知性を嫌うという構図である。
 
 この小説で心に残るのは、本を愛する人が「本を読んだら燃やしてしまう」「この老いぼれ頭にいれておくほうがいい」と語るくだりだ。「各々、記憶しておきたい本があって、記憶した」という人たちが「ゆるいネットワーク」をつくっているという。
 
 本の知は、音や映像、あるいはギャグやオチの攻勢に見舞われても不滅ということだ。たとえ焚書の時代が到来しても、だれかがそれを守るに違いない。当欄のように本の話をネット空間に載せておくことも、その手だての一つにはなる。
 
写真》本、本、本……。そこに込められた珠玉のフレーズを記憶から呼び起こしていきたい。
(文と写真・尾関章/通算251回)
 
■引用箇所はとくにことわりがない限り、冒頭に掲げた本からのものです。
■ブック・アサヒ・コム「文理悠々」のバックナンバーはこちらへ
「本読み by chance」は原則として毎週金曜日に更新します。
1