『社会学の考え方〔第2版〕』

(ジグムント・バウマン、ティム・メイ著、奥井智之訳、ちくま学芸文庫)

写真》社会科の時間

 土曜の晩、ニュースに続いて「ブラタモリ」(NHK)を観るというのは一つの習慣になった。この番組はもともと、タモリが東京近辺の町をぶらぶら歩きするというものだった。当人が連日出演の民放昼番組から解放されると、首都圏を離れて列島各地を歩きまわるようになったが、それでますます波に乗ってきた感じがする。彼は、名うての起伏フェチ。先日の神戸編でも、坂道に対する偏愛が歴史への知的好奇心と巧くかみ合っていた。

 

 こんな話題で始めたからと言って、街歩き談議をしようというのではない。この番組は8時15分に終わるのだが、問題はそれからだ。次に控えているのが、このあいだまでは「超絶 凄ワザ!」だった。NHK公式サイトに「高い水準を誇る日本のものづくり」「不可能を可能にする技術者の『凄ワザ』が世界を変える!」とある。バリバリの科学技術番組だ。力作も多いようだが、夕食後のまったり気分でいる僕の視聴欲はとたんに失せた。

 

 NHKが今春の番組改編で「凄ワザ」の時間枠を変えたのは、そんな理科敬遠派の心理を読みとったからなのか。社会科の授業が終わって理科の時間になると頭が痛くなるという人は多い。僕もその一人だった。それがどうして、理系に進むことになったのだろう。

 

 ひとつ考えられるのは、高度成長期に蔓延した世界観だ。1960年代には、モノの豊かさこそが幸福をもたらすという確信が広まっていた。世の大勢はマルキストではなくても、唯物論者だったのだ。そういう環境下で、僕も理系に誘導されたように思う。

 

 では、昨今はどうか。日々の暮らしを省みると、モノに囲まれながらもモノを超えたものと格闘していることに気づく。今この瞬間も、パソコンに向かってなにかを書いている。スマホでメールを点検したり、タブレットでニュースをチェックしたりというのも日常だ。それらの機器を動かしているのは半導体というモノの塊だが、僕が働きかけたり働きかけられたりしている相手はモノではない。ネットワークという社会そのものだ。

 

 で、今週は『社会学の考え方〔第2版〕』(ジグムント・バウマン、ティム・メイ著、奥井智之訳、ちくま学芸文庫)。バウマンは1925年にポーランドで生まれ、71年からは英国リーズ大学で教授を務めた。今年1月に死去している。メイは英国の現役研究者。本のカバーには「碩学と若手の二人の社会学者」が「日常世界はどのように構成されているのか」「日々変化する現代社会をどう読み解くべきか」という問いに「挑んだ」とある。

 

 書名からわかるように、この本には第1版がある。1990年刊のバウマンの単著だ。その邦訳も、同じ訳者の手で93年にHBJ出版局から出ている。第2版の原著は2001年刊。メイの序文によれば「第1版の最良の部分を維持しつつ、その全体的な魅力をもっと高めるように、新たな内容を付け加えた」。付加した「新たな題材」には「グローバル化」や「ニュー・テクノロジー」が含まれる。その新訳が、この文庫版(2016年刊)だ。

 

 僕は碩学バウマンが執筆した大著を若手メイが当世風に微調整したくらいに考えていたが、どうも違うらしい。後段の章で「ハイテク機器」を話題にしたくだりに「著者二人は、PCで原稿を書いているが、互いに、異なるシステムを使っているので、本書の執筆に際して異なるシステム上の要求に対処しなければならなかった」とある。大御所はすでに70代だったはずだが、新世代とやりとりしながら自ら論考を書き改めていたらしい。

 

 この本に現代を見抜く力があることは、序章を読んだだけでもわかる。社会学が「人間の世界」を読み解くときの「鍵(キー)」は「動機づけられた個人」よりも「多方面にわたる人間の相互依存の網の目」にあると言い切っているのだ。ネットワークの重視である。

 

 ネットワーク社会については、「秩序と混乱」と題した章に的確な指摘がある。現代は「情報が物体と離れて自由に移動できる」ので「コミュニケーションは、事実上、瞬間的なものとなり、距離は意味を失う」ようになった。「空間の価値喪失」だ。かくて、「いまここ」と「遠く離れたそこ」の間に境界線を引けない「脱領域的」なコミュニティが現れた。そんな「グローバル化」が「権力の存在形態や分配構造にも影響を及ぼしつつある」という。

 

 1980年代末に東欧の社会主義独裁体制が崩壊したのも、いまポピュリズムの嵐が吹き荒れているのも、その例だろう。この本がとりあげるのは「多数が少数を監視」という状況だ。英国の哲学者ジェレミー・ベンサムは近代の管理方式として、目に見えぬ少数が多数を一望する「パノプティコン」という監視施設を提案したが、その逆の構図が見えてきたという。透明性が高まったとも言えるが、ネットの炎上や報道の過熱のような怖さがある。

 

 この本によれば、グローバル化が進んだことで権力が支配に使う手段も様変わりした。支配される側は、支配する側の目が届くところに引き寄せられて管理されるのではなく、むしろ突き放される。最近の企業は「特定の場所に縛られることはなく、いったん緩急あれば、どこかに拠点を移す準備がいつもできている」。従業員が経営陣のやり方に反発しようものなら「職場の閉鎖」や「会社の売却」などの仕打ちが待ち受けている、というわけだ。

 

 グローバル化で「わたしたちの行為は、地球上のどこかに住む、だれとも知れない人々に影響を及ぼす」ようになった。では、「道徳観」はそれに追いついているのかという問いも投げかけられる。人々は漠然とした不安に襲われると「身近な、目に見え、触れることのできる標的」に意識を向ける。だから、防犯カメラの取りつけなどには熱心だ。だがこれは不安解消のローカルな「はけ口」に過ぎない。グローバルなリスクは残ったままだ。

 

 地球温暖化は、この文脈の延長線上にあると言えよう。著者は、それを「能率の向上や生産の増進の名の下に大量のエネルギーを使用しようとする無数の努力の予期しない結果」とみる。こうした営みは、各々の分野で「それぞれ飛躍的前進や技術的進歩として称賛され、短期的目標に照らして正当化される」。ところが地球規模で見れば、その「努力」が大気の二酸化炭素濃度を高めて平均気温を押しあげ、気候を変動させるというわけだ。

 

 遺伝子工学も同様に批判される。遺伝子を改変されたウイルスや細菌は「明確に規定された目的と、果たすべき個々の有用な仕事をもっている」が、使ってみて「有害な副作用」が見つかれば、その時点で役立たずになる。これも、短期のことしか見ない正当化だろう。

 

 近代の行動様式は「全体を、多くの小さな当面の仕事に切り分ける」。これで費用対効果は高まるように見えるが、実は「気にも留めない費用」がついて回る。それは、当該の仕事と無関係の人々が引き受けることになる。だから「部分的・個別的な合理的行為が多数あることの最終的な帰結は、非合理性の減少ではなく増加である」。思い浮かぶのは、原発事故だ。被災地の人々が背負う苦難は、事業者が無視した「費用」だったのではないか。

 

 テクノロジーの章では、供給が需要を生む現実が描かれる。その駆動力は「このような技術があるが、それを何に使おうか」という論理だ。日常生活の「問題」があげつらわれ、「解決策」として買い物が促される。そんな消費活動が「私化」をもたらすという。「公共交通機関の衰退に対処するために皆が自動車を購入すると、それによって騒音、大気汚染、交通混雑、ストレスなどの問題が悪化する」。ここにも無関係な人々への無関心がある。

 

 読み終えると、科学技術が人間社会のスケールを混乱に陥れたのではないかと思えてくる。それは一人ひとりの悩みを解消する一方で、世界全体に及ぶ難題を再生産している。巨大技術は地球環境を左右する存在となり、情報技術(IT)は地球全体を網で覆った。ところがそれを考案した人間は、時間軸でも空間軸でも遠くを見通せない。それどころか、問題はグローバル化するのに人間は私化するばかり、という皮肉な現象が起こっている。

 

 この本には、社会科の先生が理科の話をしている感じがある。理科がそれだけ肥大化して、影響力を強めたということか。今や、理科の肥満を癒すためにも社会科は欠かせない。

(執筆撮影・尾関章、通算365回)

 

■引用箇所はとくにことわりがない限り、冒頭に掲げた本からのものです。

■原則として毎週金曜日に更新、通算回数は前身のブログ/コラムを含みます。

■ブック・アサヒ・コム「文理悠々」のバックナンバー検索はこちらから

『群衆心理』(ギュスターヴ・ル・ボン著、櫻井成夫訳、講談社学術文庫)

写真》六つの個性、一つの群れ

 1月20日は米大統領就任式の日である。4年ごとに巡ってくる行事だが、今回ほど胸騒ぎがすることはない。これは、あの人の政策がどうこうという話ではない。これからしばらく、見たこともない不釣り合いを見せつけられそうなことが怖いのだ。

 

 過去の大統領を思いだす。ドワイト・アイゼンハワーの記憶はおぼろだが、幼心にも「えらい人」とわかった。ジョン・F・ケネディは、とにかく若くて格好がよかった。リンドン・ジョンソンはベトナム戦争を、リチャード・ニクソンはウォーターゲート事件を思い起こさせるので印象はあまりよくないが、それでもそれぞれ重みがあった。後続の7人も保守リベラルの違いを問わず、首座の人にふさわしい平衡感覚はもちあわせていたように思う。

 

 では、あの人はどうか。人には隠された一面があり、職位についてからそれらしさが出るということもあるだろう。だが、有権者が今回の大統領選挙で票を投じるときに判断材料とした言動をみる限り、平衡を感じさせる因子が著しく欠如していたのは間違いない。

 

 当欄は、チェコの作家カレル・チャペックが米国に将来とんでもない政治体制が生まれるだろうと予想していたことを1年前に書いた(2016年1月8日付「チャペック流「初夢」の見方」)。1930年に世に出た空想記事で、『未来からの手紙――チャペック・エッセイ集』(カレル・チャペック著、飯島周編訳、平凡社ライブラリー)に収められている。ギャングの頭目が最高権力を手にして、極端な排他政策を指揮するというのである。

 

 ただ、この話ではギャング自身が大統領に就くわけではない。米国では二大政党制ですら暴力に支配されるだろうとの見立てに沿って、陰の実力者としてホワイトハウスを操るだけだ。だから、チャペックが現在の米国社会のどこを突いているかと言えば、排他主義の強まりや銃規制の緩さだ。彼はロボットの台頭を芝居にしてみせた人だが、世界に冠たる民主主義国で極端な人物が正当な手続きで最高権力者になるとまでは思わなかったのだ。

 

  選挙は民主主義の礎と言われている。有権者に投票してもらえば、それぞれの思いを積分したものを見極められる、という理屈だ。ただ、一つ条件がある。この過程で一人ひとりの考えが歪められないことだ。ところが最近は、有権者が大小メディアの喧騒に影響を受け、自分自身の熟考にもとづく選択をしにくくなっているように感じる。その結果、投票箱を開くと本来の積分値とは別物のなにかが立ち現れてくるのではないだろうか。

 

 で、今週は『群衆心理』(ギュスターヴ・ル・ボン著、櫻井成夫訳、講談社学術文庫)。著者(1841〜1931)はフランスの知識人。理系文系の諸学に手を染めたが、社会心理学者と言われることが多い。この本の刊行は1895年。120年余も前に今日的な表題がつけられたことに驚くが、考えてみれば当時のフランスは激動のさなかにあった。1789年の大革命以来繰り返された革命や内乱。群衆が歴史の表舞台に躍り出る時代だった。

 

 19世紀の論考なので弱点もある。社会科学は20世紀に入って科学らしさを高めていったが、この本はそれに乏しい。実験や統計に足場を求めず、社会観察や史実分析をもとに著者の洞察が披歴される。そのせいか、そこに展開される理論には批判もあるようだ。

 

 ただ本を開くと、「群衆の一般的特徴」という章で思わずうなずきたくなる一節に出会う。「人間の集団は、それを構成する各個人の性質とは非常に異なる新たな性質を具える」「意識的な個性が消えうせて、あらゆる個人の感情や観念が、同一の方向に向けられる」

 

 だから、群衆はたった6人でも成り立ち得るし、何百人いても条件を満たさない場合があるという。この訳が「群衆」を「群集」としないでいる理由の一つは、そこにあるのかもしれない。ここで見落とせないのは、「離ればなれになっている数千の個人」も「ある強烈な感動を受けると、心理的群衆の性質を具えることがある」としていることだ。ネットの炎上を目の当たりにすると、この見解は今日ますます的を射ているように思われる。

 

 この本には、いくつかキーワードが出てくる。たとえば「暗示」と「感染」。著者によれば、群衆は催眠術のように暗示にかけられる。その暗示は、群衆の内部で感染を繰り返して増幅される。そこにあるのは「意識的個性の消滅」と「無意識的個性の優勢」。暗示と感染が感情や観念の向きを一つに揃えて行動を促す。その結果、一人ひとりは「もはや彼自身ではなく、自分の意志をもって自分を導く力のなくなった一箇の自動人形となる」という。

 

 このことで著者が書き添えている指摘を二つ挙げておこう。一つは、群衆の想像力が事実を「変形」させるとしていることだ。「極めて単純な事件でも、群衆の眼にふれると、たちまち歪められてしまう」。もう一つは、そのようにして「集団的錯覚」が生まれるのは群衆のメンバーがたとえ教養人であっても変わらない、と断じていることだ。これも、近年のメディアの混迷やその怖さを予言するような卓見ではないか。

 

 「心象的思想(イデ・イマージュ)」という言葉にも遭遇する。群衆が暗示にかかる思想は「極めて単純な形式」の心象として現れる。だから「類似または連関のような論理的な関係」がなく、「矛盾した思想が相ついで生ずる」ことがある――。この記述で連想されるのも近年の世相だ。ツイッターのような短文投稿サイトの広まり、そしてワンフレーズ・ポリティクス。その根っこは新聞雑誌くらいしかメディアがない19世紀にもあったのだ。

 

 ここまで読んで感じるのは、昨年来見せつけられている想定外の事象の多くでは群衆心理が駆動力として働いたのではないか、ということだ。その作用は、著者の見解ではたった6人でも表れるというのだから人間社会が太古から経験してきた現象なのだろう。ただ、近現代になるとメディアが拍車をかけた。とりわけ最近はインターネットやソーシャルメディアが日常生活に浸透したことで、驚くべきパワーを手にしたように思う。

 

 なかでももっとも強烈だったのは、EU(欧州連合)離脱を問うた英国の国民投票と本稿冒頭で触れた米国の大統領選だ。両者の結果については「人々が第2次大戦後、これこそが人間社会の進化だと考えてきた方向性をいともあっさり一蹴してしまった」と当欄に書いた(2016年12月16日付「ひどい年」を清張の時代と対比する」)。時代精神を群衆心理が駆逐したのだ。それがどうして起こったのかを示唆する論述も、この本にはある。

 

 それは、群衆が幻想に惑わされないための方策を考察したくだり。著者は「群衆の精神に真実を確立し、あまりにも危険になりすぎた幻想を打破するために、有効な、ほとんど唯一の方法」は「経験」だという。経験知のみが誤りを防げるのか。ただ、そこには但し書きがある。「一世代(ジェネラシオン)によってなされた経験は、次の世代にとっては、おおむね無用」。戦時戦後の体験を語り継ぐのが難しい理由は、ここにもあるのだろう。

 

 この本は裁判の陪審員も群衆ととらえ、その制度を論じている。裁判員裁判が始まってまもない日本社会にとっては、これも参考になる。著者は、この制度が「法律の条文しか知らない裁判官」の「職掌柄の冷酷さ」を緩和するとみて、寛容な評決を期待する。ただ、それが今も通じるかどうかは疑わしいと僕は思う。「個人の感情や観念が、同一の方向に向けられる」という傾向は、メディアの増幅作用で不当な厳罰につながる恐れもあるからだ。

 

 議会についても著者は書く。議員集団は「ある瞬間に群衆となる」という。そんな立法府が陥りやすい「危険」の一つとされるのは財政支出が膨らむこと、もう一つは人々の自由を縛る法律をやたらにつくりたがることだ。後者については「議会は、その単純極まる精神から、それらの法律の結果を見誤り、しかもそれらを採決する義務があると自ら信じている」と見抜く。同感だ。現代社会に閉塞感をもたらしている元凶の一つがそこにある。

 

 僕たちも、ふだんは「意識的個性」として生きているのに「ある瞬間」に「無意識的個性」の大波にのみ込まれてしまう。だが肝心かなめの決断では「意識的個性」を取り戻さなくてはなるまい。恐るべし、ル・ボン。この本は、100年の隔たりを超えてなお新鮮だ。

(執筆撮影・尾関章、通算352回)

 

■引用箇所はとくにことわりがない限り、冒頭に掲げた本からのものです。

■原則として毎週金曜日に更新、通算回数は前身のブログ/コラムを含みます。

■ブック・アサヒ・コム「文理悠々」のバックナンバーはこちらへ

1