当欄の後継「めぐりあう書物たち――『読む』『考える』のby chance」は、開店からまもなく2カ月。

これまでの拙稿は、下記の通りです。

ご高覧いただければ。

2020年6月

尾関章  

コメント
コメントする